2018年6月20日水曜日

防災の備えできていますか?

皆さんこんにちは(^^)
アパマンショップ田宮店の森田です。

2018年6月18日、大阪府で震度6弱の地震が起こりました。
周辺住民の皆様、被害にあわれた方々には心よりお見舞い申し上げます。

地震というのは日本のどこで住んでいても
起こる可能性があり、特に私の住む徳島県では
南海大地震がもうすぐ来るのではないかとニュースや新聞でも
常々取り上げられており、内心ビクビクしております。。



そんな避けることのできない自然災害。
いかに被害を最小限に抑えられるかが重要になります。

今回はちょっとした工夫や日々の心がけで大きな安心を!
有効な防災対策をご紹介したいと思います(^^)

先日の地震の時でもそうなのですが、
倒れてきた家具に挟まれて亡くなられた方が3名もいらっしゃいます。

家具がたちまち凶器になってしまう前に、
事前に固定しておきましょう!

おすすめの固定方法は【転倒防止突っ張り棒】ですね(^^)!


我が家の食器棚もこの突っ張り棒で固定しています。
長さにも種類があるので、ご家庭家具から天井までの長さを図ってみると
どの長さを買えばちょうど良いのかが分かります。

また、固定場所は天井と天板をただ単に固定すればいいというわけではなく、
できるだけ奥の壁寄りに、かつ天板の両端に固定する方が強度がアップします★

さらに、突っ張り棒と天井、突っ張り棒と天板の間に補助的に板を挟むと
面で支えるようになるので、さらにGOOD★
1点集中で天井を突き破ってしまう心配も少なくなります。

大きなタンスや本棚、食器棚を固定する際には、
家具の下にも、転倒防止ストッパーなどをかませておくとより安心です*^^*

この方法は、壁や天井に穴を開けることもなく、
賃貸物件でも有効な地震対策になります★★


次に大切なのが防災グッズですね!


まず、非常食は1人最低3日分。(南海大地震に関しては1週間分以上
乳幼児や高齢者などそれぞれに合わせた非常食が必要になります。
特に大切なのは飲料水!!

必要飲料水の目安は1人1日3リットルだそうです。

では、3人家族で3日過ごすためには、、、27リットル!?
500mlのペットボトルに換算すると実に54本…
常に箱買いして常備が必要ということになりますね( д)゚゚

これを常備しておくだけでも大変ですので、
ストックしつつ使いつつローテーションしながら保管しておくのがよさそうですφ(.. )

非常食としては、缶切りのいらない缶詰、レトルト食品などですが、
最近では非常食7日間セットというものも販売されているようです。
非常食用に作られているので賞味期限も数年だったりと
買い替える頻度も少なくて済みます★

飲料水・非常食の帆かに必要な防災用品としては
・持ち出し用袋(リュック)
・ラジオ
・靴又はスリッパ
・懐中電灯
・笛
・メガネなどないと困るもの
・軍手
・マッチ(ライター)・ロウソク
・簡易トイレ

など

女性の方は生理用品、乳幼児がいる場合はオムツやお尻拭き・ミルクなど
持病のある方はお薬もお忘れないように。

すぐに持って出られる状態が望ましいので、
家族全員分を一つのリュックに入れて玄関に置くよりも
一人一人がそれぞれのリュックを
個人ごとの寝室に置いておくなどの方がより安心かもしれませんね(^^)

起きてほしくない地震ですが、いつ起こってもおかしくない地震です。

日々の心がけで大切な命を自分自身で守る準備をしておきましょう!

今日は防災についてのブログでした٩( ´◡` )( ´◡` )۶

ありがとうございます㈱は新たな新生活の始まりを全力で応援します!

こんなお部屋を探していた!というお部屋に出会えますように…★
店頭でもスタッフが毎日元気にご紹介させていただきますので
お電話ご来店お待ちしております(^^)!
気になることがございましたらお気軽にご相談くださいませ(◍ ´꒳` ◍)b

<ありがとうございます㈱公式HP>